melpic

ヨガと筋トレ、ストレッチを比較してみてわかる違い

ヨガというのはスポーツではなく、エクササイズの中の一つです。エクササイズというのは、筋トレもエクササイズということができます。しかし、ヨガと筋トレは全然違うエクササイズですので、比較しながら話をしてきたいと思います。
基本的に筋トレというのは、筋肉を大きくするためにするのを筋トレといいます。
一方、ヨガというのは目には見えないインナーマッスルを鍛え、体のラインをキレイにする効果があります。ですので、ヨガをやりすぎたからといって身体が見るからに筋肉質になることはありません。

ヨガと筋トレでは使う筋肉の種類が違います。つまり、マッチョになるという心配はありません。

インナーマッスルは大きな筋肉ではなく、腹直筋や腹斜筋といった体の奥にある小さな筋肉を鍛えることによって代謝も良くなります。代謝が良くなるということは、エネルギーの消費が良くなるというころで太りにくい身体をつくってくれます。ですので、ヨガは女子にとってとても良いエクササイズなのです。

筋トレはまさに見える筋肉をムキムキにすることを目的としてきます。汗を沢山かいて、筋肉を傷めつけるだけ痛みつけて大きな筋肉にしていきます。ヨガにはインナーマッスルを鍛える以外にヨガ独特の呼吸法があります。ゆっくりとした呼吸に合わせてポーズをとることによってリラクゼーション効果もあり、身体にあまり負担がないエクササイズになっています。

ヨガとストレッチの比較


ヨガとストレッチですが、やっている行為を見るとさほど違いがないように見えるかもしれません。しかし、意外に違う部分が結構あるのです。
ストレッチというのは、「体を伸ばす運動」という意味です。例えば、走る前にアキレス腱のストレッチをしますよね。これは体の部分部分を伸ばしていることになりますのでストレッチということになります。

一方ヨガというのは、体を伸ばすことをしますがその前に心と呼吸を整えることから始めます。深い呼吸で精神を落ち着かせるのです。これは、他のスポーツやエクササイズではないことですので、ヨガの特徴ということができます。

体を柔らかくすることを目的とした場合はストレッチをすることをオススメします。ヨガも伸ばす運動ですので体が硬い人はまずストレッチをして体を少し柔らかくしてからヨガをやることをオススメしています。ストレッチよりヨガは難しいポーズをとることが多きので、ヨガを始める前にストレッチをしたほうが体に負担がないでしょう。

ヨガとストレッチで一番違う特徴は、呼吸法です。ストレッチでは普通に深呼吸をしますが、ヨガは呼吸のしかたがヨガの種類によって変わってきます。呼吸に集中するだけでリラックス効果があります。最近では、ブレスダイエットというのがはやってますよね。これも呼吸法を取り入れたもので、呼吸に集中するだけでも十分にカロリーは消費できます。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ