melpic

ヨガのポーズでバランスを上手くとるには?

ヨガのポーズ
「ヨガで苦手なポーズは何でしょうか」と聞くと、やはり一番多いのがヨガのバランスポーズです。
足がもつれてしまったり、転んでしまったりなどリスクが大きいのがバランスのポーズです。

ほとんどの方はバランスポーズというのは全身の筋肉を使い、柔軟性がないとできないっというふうに思っています。しかしそうではないのです。もちろん、筋肉がないとできないポーズ、柔軟性がないとできないポーズはあります。バランスポーズはコツを掴めばそこまで難しくないと思います。

あとはポーズをしている時にどれだけ無になれるか、集中できるかによります。

そのコツというのは、「足の裏」にあります。足の裏はすべて身体の神経があるところです。そこをうまく使えばあっという間に立つことができるのです。

足の裏とはどういうこと?と疑問に思う方は多いでしょう。私もその一人でした。口ではうまくできませんが、骨でしっかり立つという感覚です。実際自分でやってみないと分からない感覚なので何回もやってみる、継続してみることが大切です。

勘違いしていることが多いのは、バランスポーズは身体がガチガチに固まっていてはいけません。一見うまくバランスがとれているように見えますが、全身に力が入っているようならそれは本当のバランスポーズとは言えないのです。バランスをうまく取りながら、身体が自由に動かせて安定していてこそバランスが取れているということができます。

ヨガ上級者のポーズとなると・・・?


ヨガには簡単なポーズから難しいポーズまで多くの種類があります。その中で難しいポーズというのが、上級者がやるポーズになります。どういうポーズがあるか興味がありますよね。上級者がやるポーズは基本的なヨガのポーズをしっかりマスターしていないと難しいです。基本ポーズから応用したポーズが上級者向けのポーズになります。

ヨガの中で難しいポーズに三転倒立があります。頭と手で体を支えて、足を天井に向かって立たせるというポーズです。バランス感覚がしっかりしていないと倒れてしまいますよね。それを数秒行った後、そのままゆっくり足を下げて腕のところまで持っていくとカラスのポーズになります。またそれを数秒維持します。話を聞くだけで無理って思うでしょう。

上級者向けになると、難しいポーズを組み合わせて、ポーズの時間を長くするのが特徴です。基本的には一つのポーズをしたら、息を整えるために少し身体を休めます。身体を休む回数が少ないのが上級者向けなのです。

一つのポーズでも、もちろん難しいポーズがあります。座った姿勢で足を頭の横までもってくるサギのポーズです。これは柔軟性がないと絶対にできないポーズですね。

他には、腕や手で体を浮かせてそのままバランスをとるホタルのポーズや体をクの字にし足を伸ばしてキープするVのポーズがあります。

これらのポーズに共通しているのは、腹筋、背筋や腕に筋肉がついていないとうまくバランスがとれないポーズです。どの部位にもバランスよく筋肉がないとできないので難しいポーズとなっています。また、上級者のポーズは身体が逆さになって行うポーズが多いようです。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ