melpic

ヨガの呼吸法の種類について

呼吸ヨガの呼吸法は一つではありません。多くの呼吸法があり、代表的な呼吸法は11種類あります。

腹式呼吸、胸式呼吸、丹田呼吸、完全呼吸、ハタ呼吸、シータリー呼吸、火の呼吸、パストリカ、カパラパティ呼吸、マントラ呼吸、ウジャイー呼吸とあります。聞いたことがない呼吸法ばかりですよね。

他にも呼吸法があるのにも驚きます。ヨガにとって呼吸法は非常に重要な要素を持っています。基本的にヨガを始める前と後で呼吸だけを集中してやりますよね。こうすることによって、心身ともに集中することができ身体と向き合えるのです。

一般的にヨガで取り入れられている呼吸法は腹式呼吸です。これは皆さん聞いたことがありますよね。馴染みのある呼吸法ですので、ヨガ教室で取り入れやすいのです。腹式呼吸は、胸郭をなるべく動かさないで横隔膜で息をするような感覚で呼吸することです。リラックスさせる効果があり、イライラやストレスなどを改善してくれます。3秒吸って、6秒かけて吐くというイメージで呼吸をします。

他に、丹田呼吸法を取り入れているヨガ教室も多くあります。私がやっているヨガの呼吸法はこの丹田呼吸です。丹田とは日頃耳にすることのない言葉ですよね。丹田はたんでんと読み、おへそから握りこぶし一つ下ぐらいにある部分をいいます。そこを意識した呼吸法です。丹田からしっかり息を出すように腹筋を使います。この呼吸だけで腹筋だけでなく横隔膜も鍛えられ、ストレス解消や心の安定にも効果があります。

潜在意識にも、呼吸は良いのです。


ちなみに潜在意識の面でも、あらゆる状態で発動するため、その場に応じた呼吸の状態を把握することが必要です。
例えば、トラウマや防衛本能が出ている場合の呼吸は荒くなり、場合によっては過呼吸になることもありますし、リラックスした超集中状態では、呼吸は穏やかになります。

これは、潜在意識が場面に応じた呼吸をしている為で、我々は顕在意識で今どのような呼吸状態かを把握して、対処することが大事だといえます。
では、呼吸が荒くなり、過呼吸になった場合はどうすれば良いかですが、まずは目を閉じて深呼吸です。

空気を体内に取り入れるイメージで何回か繰り返します。
緊張した時に等は深呼吸をすると緊張がほぐれ、良い結果が得られるといいます。

実はその通りで、深呼吸は体内に空気を取り込むだけでなく、溜まった悪い空気を外に出す働きがあるのです。
これは、潜在意識にも良い影響を生み顕在意識との繋がりにも有効です。

催眠療法を主とするヒプノセラピーなどでは、椅子に深く腰掛け、目を閉じて、深く深呼吸をして、リラックスした状態を作り出します。
顕在意識から次第に潜在意識へのアプローチを試みて、防衛本能を緩める働きを担うのが、呼吸法なんです。

深く息を吸い、深く吐く事で人は心地よさを感じます。
より、深く潜在意識に呼びかけるための呼吸法をセラピーでは体験する事が出来ます。

因みに、過呼吸になる程の問題がある場合には、そこに大きなヒントが隠されている場合があります。
トラウマや、感情の爆発が起こる時は、呼吸が乱れている状態なんですね。

まずは、リラックスして、呼吸を整える事を意識すると、苛々した感情は収まり、正気を取り戻すことが出来ます。
潜在意識にとって良い呼吸法は、やはりリラックスしてゆったりとした呼吸の状態なので、ヨガの呼吸法も、気分転換になりおすすめです。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ