melpic

ヨガは腰痛持ちがやっても大丈夫?

腰痛持ち ぎっくり腰持ちの人でもヨガはやっても大丈夫です。寧ろ、ぎっくり腰の予防にもなるのでヨガを是非やってみて下さい。

しかし、昨日ぎっくり腰になって腰を痛めてしまった、もしくは腰が痛い人はヨガは絶対やってはいけませんよ。自宅で安静にしていて下さい。ヨガはぎっくり腰を治せるわけではないですが、予防することは可能です。

ヨガの中でも、パワーヨガやホットヨガなど色々ありますが、ぎっくり腰持ちの方には基本的なヨガ、ハタヨガをお勧めします。

パワーヨガやホットヨガはハードなポーズが沢山ありますので、腰に負担がかかるのが予想されます。出来れば、スタンダードなヨガをしたほうがぎっくり腰には最適だと考えられます。ハタヨガ、つまりスタンダードなヨガが出来るようになれば、ぎっくり腰持ちの人でもしっかり今後ステップアップすることができます。

ぎっくり腰になる原因は、筋肉が固くなっていることがほとんどです。筋肉には伸縮性があるのが普通です。体を伸ばしたら筋肉も伸び、縮めれば縮むというのが筋肉の理想です。同じ姿勢が何時間もいることで筋肉が固まってしまい、動こうとした時に筋肉がついていかないためぎっくり腰になるのです。

ぎっくり腰に良いと言われるヨガのポーズは、胎児のポーズです。仰向けの状態から息を吸いながら両膝をかかえ頭もあげ、息を吐きながら元のポーズに戻っていくというポーズです。寝る前にやってみたらいかがでしょうか。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ