melpic

ヨガをすると眠くなってしまうのはなぜ?

眠いヨガをした後、眠くなることは身体によって非常にいいことなんですよ。ちゃんとヨガを呼吸に合わせてやっているという証拠です。
ヨガをすると血行が良くなると代謝が良くなります。つまり、体が健康に一歩前進することです。そして、デトックスに必要である睡眠が起こります。

ヨガは、神経を集中する行為とリラクゼーション行為があります。集中は緊張、リラクゼーションは弛緩です。それらを幾度か繰り返すことで脳が疲れ、眠気が襲ってくるのです。色んな神経を使うヨガでは、眠気がくるということは「脳がしっかりリラックスしている」ということなんです。よくヨガをやった日の夜はよく寝れるという話はよく聞きます。

私たちの身体は、暑い日があれば汗をかいて体の体温を一定に保とうとしたりなど機能があります。無意識のうちに体が反応して健康の体の維持をしてくれているのです。気温差があればあるほど、運動してなくても体は適応しようとします。この機能がおかしくなると、私達は病気になるのです。身体が疲れているんだけど当の本人は元気だと思い、ヨガを何となくするとします。

ヨガをしている最中眠たくなってしまうことは身体は一生懸命心身を休ませてあげようとしているのです。そんな疲れてないと思っていても肉体は疲れている場合もありますし、気持ちが疲れている場合もあります。
時々ヨガの教室に行って自分の身体を声に心を傾けて下さい。新しい身体の発見があるかもしれませんよ。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ