melpic

やる気を出すコツ持続させるコツ

毎日やる気まんまんで過ごせたら、仕事でもプライベートでも充実した時間が過ごせそうって思いますよね。
だからやる気を出すコツがあれば誰でも知りたいってわけです。ただ、やる気というのは出ない時は出ないもの。それを大前提にやる気のコントロールを覚えるのが大事なのかなって思ったりします。

まず、やる気がなくても、仕事ややるべきことは開始しちゃいましょうよ。イヤイヤでも、いつの間にか集中してやってたりしません?

そう、やる気と関係なく、やるかやらないかが違うということなんですよね。だから、書類を作らなくちゃいけなければ、とりあえずパソコンを開いてみるとか、メールの返信が必要なら、とりあえず返信フォルダを開くとか行動に移すのがポイントですね。

あと、なんでもメリットがあるなら人間って行動するものです。ご褒美作戦をとるのもいいんじゃないでしょうか。

これをやったらランチ食べに行こうっていう簡単なものでいいと思います。あとは仕事がらみなら時給計算とかしちゃうといいかも。
私はこれだけお金をもらっているんだって自信にもつながりますしね。家に帰ったら、あれをやるために余計な仕事は片付けようって明るい未来を想像するのも仕事へのやる気を出してくれます。

あとは、ポジティブな気持ちになるとみんなやる気になったりするもの。普段から自己啓発本とかを読んで、
良いフレーズとか手帳に書いておくなんかしていつでも読めるようにしておくと、やる気スイッチが自然に入ったりもしますよ。


持続させるコツは?


やる気とは不思議なもので、その場で感情が高まりやる気スイッチの様なものが入った翌日目覚めるとそのやる気が嘘のように消えたりもします。または、些細な出来事によって一瞬でやる気が下がったりとやる気をコントロールするのは私も含め皆さん難しいものだと思います。私の経験上やる気を持続させるコツは、やる気は人間誰でも下がるものだと理解する事だと思います。


人間には恒常性といって感情の流れが一定に戻るようになっているようです。通称、ホメオスタシスとも呼ばれます。この恒常性を理解してみると、大きな確率でやる気は持続できます。例えば、やる気が下がった時に「今ホメオスタシスが起きている」と自分に投げかけてみたりすると良いかもしれませんね。反対に、感情が高まりやる気がみるみる出てきたとしても「翌日には一定に戻るんだろうな」と思い込むことが大事だと思います。

これは人間であれば誰でも起きる現象なので、やる気が下がることは当然なんですね。これを日々繰り返していくと、やる気が下がった状態の時の基準が今までより高くなりモチベーションが下がりにくくなっていきますので是非お試しください。もう一つコツとして挙げるなら、尊敬している人にマメに連絡を取る事です。尊敬している人からのアドバイスや意見というのは刺激にもなりモチベーションが上がります。

人間誰かの為に行動すると、今までにはないやる気が漲ってくるもので尊敬している人の期待に応えたいという思いを持つと良いですね。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ