melpic

人をコントロールする方法

今日は仕事・ビジネスの話です。
「人をコントロールする方法」についての考察です。

仕事やビジネスでは、他人と関わる機会も多いです。職種・業種にもよりますが、一人きりで作業の職人でない限りは何らかの人間関係がありますよね。そんな人間関係において、相手が全く自分の意図に沿わなかったら大問題です。
そこで「他人をコントロールする」という技術が必要になります。

中には「他人はコントロールするものではない」「他人は自分の思い通りにならない」という意見もあります。

ですが、それは誤解です。
こういった誤解は、“コントロール”の定義・意味合いによってきます。この場合の“コントロール”の正しい意味は“常識の範囲内での相手の懐柔” です。つまり“コントロール”よりも“懐柔”と言ったほうが、誤解なく正しい表現です。

では仕事・ビジネスの多様な場面における、相手の懐柔方法とはどうなるかというと、「相手を喜ばせる」ことが重要になってきます。

相手が自分の思い通りにならない、相手を懐柔できない理由は、実はこの誤解にあります。

「正しいことを言えば、相手は動く」です。

一見は正しいようですが、実はこれは誤解です。

人間は正しい内容では動きません。
「自分自身が喜べる内容」で動きます。

ですので、相手を懐柔する極意は「喜ばせながら動かす」ことが大切になってきます。あと「強制感の無さ」が伴えば、より動かせます。

理想は「相手が喜びながら、自発的に動く」ですね。
相手に指示・提言などを行うときに、ここに意識をすると、人をコントロールしやすくなると思います!


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ