melpic

仕事で辛い時に元気を出す言葉

仕事をしていてネガティブになってしまうような瞬間は誰にでもありますよね。

失敗やミスに対してすぐに前向きになれるような人はいるんでしょうか。
とはいえ、仕事中にも関わらずずっと落ち込んでいるのも仕事は捗らないですよね。確実に新たなミスを産みます。負の連鎖ですね。

そこで自分に元気を取り戻してもらうために、私は励ます事を大切にしています。
言葉の力で自分で自分を励ますんです。別に大声で励ますわけではありません。なのでしっかり自分を励ましましょう。

言葉の力、いわゆるアファメーションです。

「頑張れ」と応援してみるのはどうでしょうか?なまけていて失敗したわけではありませんよね。
なまけていた結果に落ち込むわけがないんです。「もっと頑張ります。」と私は失敗したときに先生に言ったことがあります。

「頑張ってるのは知っている。張り切るくらい張り切っとけ」と先生は返しました。違いがわかりますか?
私はしばらくわかりませんでした。でも、考えてみると全く違うんです。「頑張る」と「張り切る」は気持ちの問題ですが全く違います。

先生は私の頑張った努力は認めてくれたんです。
あとは張り切りなさいというアドバイス。
きっともっと意気込みが大切だったんではないでしょうか。

とりあえず張り切って仕事に臨むことは前向きな第一歩になりますよね。
それだけで私は落ち込んでいても笑顔になれます。意気込みを感じさせる張り切るという言葉は仕事でもいい結果が出せるはずです。
元気になるために張り切る!


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ