melpic

先延ばし癖の対策をして克服していく4つの方法!

時間
先延ばし癖というのは、私はとても危険な事のように思います。なぜかというと、先延ばし癖のある人は、いつも悩んでいるように思うのです。

対策を何もせず、克服していかないで一先ずこれを後回しにして、と先延ばしている間に次の事がどんどん押し寄せてきて
結果として、キャパシティオーバーになっていってしまうんじゃないかと思います。

原因は潜在意識に?


先延ばし癖の原因は潜在意識にある、とはよく言われているのですが、潜在意識というのは、やっぱり思考の癖みたいなものだと私は思うんですね。良いも悪くも。先延ばしてしまう原因で多いのが気が乗らないというものがありますが、これは過去の体験から、やるのが面倒くさいな、億劫だなと頭に刷り込まれてしまっているため、気が乗らない癖が出来あがっている。その癖を矯正していくという事が、先延ばし癖の克服の鍵になります。

もっとも簡単な克服方法


と色々書きましたが、私も面倒くさがりやで、先延ばし癖があります(笑)今みたいに、誰から指示されるわけでもない状態で、自由に仕事をしていると、

どうしてもダラダラしてしまいがちですし。

ただ、最近は先延ばし癖をだいぶ改善出来てきたなって思います。

それは、定期的に何かしらの締切があるからです(笑)

締切がなければ仕事が捗らないのであれば、大事な約束をいれたりと、無理矢理にでも締切を作って時間に制限をつけていくんですね。やらないと困るのは自分ですから、やらざるを得ない状況が出来上がります。

そうすると、自然とやる気に頼る事無く、先延ばしをする事も減り、毎日の習慣が出来上がっていきました。

締切を作る基準


締切
ただ、締切を作るにも基準を設けておくのがおすすめです。全部を平等に締切を割り振る事なんてまず無理ですからね^^;
全部が全部完璧にこなそうとするのは、他人の監視がないと無理だと思います。

自己管理の上でポイントとなるのは、一番大きいものから片付けられるような締切を作っていく事です。

私の仕事の場合は、一番利益率が高くなるところの締切を中心にして考えます。その後で、細かい仕事の割り振りをしていくというイメージです。


自分が集中出来る時間帯を知る


あと、もう一つこだわっている事があります。それは自分が仕事に集中出来る時間帯を知るという事です。

私の場合、1日の中で、2〜3時間は集中して出来る時間帯を作っているのですがつまりその、2〜3時間のために、寝る時間を調節して、食事もとって、最高に気分の良い状態で、仕事をするように心がけています。

少ない時間で、集中的に仕事を片付けるための、準備を毎日するようになったんですね。

これは、やろうと思ったのではなくて、自然とそうなっていきました。そして、面白いもので続けていくと、プラスの方向に潜在意識に働いていくのかどんな物事でも肯定的にとりあえず、やってみよう、という気持ちが溢れるようになりました。


自分にあったタスク管理


あと肝心な部分は、自分に適したタスク管理をする事です。そもそも先延ばしになってしまう原因は、本人のやる気以前に正しく意識付けができているかどうかという事も大切です。

ひとえにタスク管理と言ってもPCや携帯端末を使いクラウドで同期させたり、手帳で管理したりとありますよね。

大切な事は、自分にあったやり方を選択するということなんです。普段から、PC操作に不慣れな方が急にやり始めても長続きはしないですし。

そして、自分が普段なるべく持ち歩き、目にする機会の多い物を、使うと先延ばし癖は減ります。

自分ルールを作る


手帳には書いている、毎日見ている、それでも先延ばし癖が出てしまう方には、自分ルールを作る事をおすすめします。
例えば、どんなタイミングでも目にしたらそのままにしておかない、というのがあります。そのままにしないというのは、すぐに決着をつけなくても目にする前より何かしらの進捗を取るという事です。

先の事を想像してしまうと、億劫になってなかなか一歩目が出にくくなって、先延ばしをしてしまう事があるかもしれません。どんな事でも一気に片付けようとはせずに、日々少しずつ前に進めることが大切かと思います。


実際行動や決断が早いと


行動や決断が早いとチャンスを自分のものにすることができます。目の前にチャンスがあるのにぐずぐず考えて決断を後回しにしていたのではせっかく入り込んできたチャンスを逃してしまいますよね。先延ばし癖って本当にもったいないです。

とにかく行動を起こして決断をすることで成功も手に入りやすくなり次々とチャンスや幸運が訪れます。そしてこの成功が自信へとつながっていくなって思います。

潜在意識を活用させようと、頭で考えていても、結局実行しなければ現実化することはないんです。

先延ばし癖をこじらせていくとまた考えすぎて結局、実行できなかったということにもなりかねません。これはもったいないことで時間の無駄使いになっちゃいます。考えすぎることにより「あーでもない、こうでもない」と自分で混乱を招いてしまっているのです。その結果不安になり行動に移せないという悪循環になるんですよね。

もちろん決断をして行動に移すことは簡単なことではないですし、内容によっては勇気も必要なこともあるでしょう。また決断をして行動した時に必ずしも上手くいくとは限りません。

しかし決断や行動が遅く失敗したときと行動や決断を素早く行いながらも失敗したときの心の沈み方を想像してみると良いと思います。

前者は「もっと早く行動・決断すれば良かった」という後悔の念が強く、後者では「仕方がない」とあきらめもつき前向きな発想ができると思うんですよね。後悔するのは時間がもったいないと思うので、私はいつも決断や行動を早めに起こすようにしています。そうすると自然とものごとも順調に進むことが多いように感じられます。恋愛でも仕事でも行動や決断が早い人に勝利の女神が微笑んでくれますよ。

参考になさって下さい^^


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ