melpic

引き際を判断するコツ

「引き際が肝心」とはよく聞く言葉ですが、具体的に生活で意識したことが私はありません。諦めの早い私の成長のためにも引き際とは何かと考えてみました。そもそも、引き際を見極めることが何で肝心なのか考えてみます。引き際を間違えたらどういった展開が待っているのかと考えると、確かに引き際が肝心なのはわかるようになりました。私の中の引き際とは、わりとネガティブな判断でした。

引き際を感じるのはいつも「もう潮時」「もうダメだ」というときだと気がついたからです。引き際だから仕方ないんだよ、ともっともらしく言い訳をしていました。そこには「しつこい」「往生際が悪い」と判断される前に身を引きたいという私の考え方がありました。正しい引き際であったのか、と考えると自分でもわからないのが本音でした。

結果として私が判断した「引き際」とは、自分を納得させられるポイントではないかと思います。感情論ではなく、納得できるポイントをひとつの引き際としてもいいんではないでしょうか。自分の納得がいかないままに、可能性が残っているままに、引き際であったと判断するともったいないんではないかと思うんです。

反面で目の前の現実を納得したくないと目を逸らしてしまうと、引き際を逃します。引き際から先はきっと、長い道のりが待っています。成功が遠ざかっている可能性の方が高いですよね。取り返しのつかない非常事態に陥ることもあります。感情に流されるとき、冷静にいられなくなったときは引き際ではないでしょうか?


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ