melpic

潜在意識とイメージングの関連性について解説をしてみます。

イメージングこのテーマでいう処での重要なポイントとして、イメージと潜在意識の関連性として描きたいと思います。
日常生活で我々が耳にする言葉として、妄想という言葉がありますが、これとイメージは良く似た表現になります。

妄想は、完結型、頭の中で創り上げた物語が思い通りになって幸せを実感するまでに至るため他者や現実の制限がありません。
一方イメージは、現在進行型、頭の中(顕在意識)で願望や場面の構成を考えて現実と繋げるためのアプローチのことを言います。
イメージングは即ち、頭の中でイメージしたものを潜在意識に落とし込む作業と解釈します。

この手法は、非常に強力な力を産み、スポーツ選手等のメンタルトレーニングに取り入れられることが多く、多くのアスリートが成果をあげています。
例えば試合に勝つイメージを持ちながら臨むのと、負けるイメージを持ちながら臨むのでは、結果に天と地ほどの差が出るとまで言われていて、土壇場での僅差の勝負では、明暗を分ける要素になるのです。

よく、練習では問題ないが、試合の本番ではまったく力を発揮出来ずに負けてしまう人がいますが、これは過去に負けたイメージを持ち続けていて、潜在意識に投下されてしまっている場合が原因とも考えられます。
つまりは、負け癖が付いていて、勝つことのイメージが出来ないため、また負けるのでは?といったイメージが潜在意識にインプットされているためどれだけ練習を積んでも結果、負けてしまうのです。

逆に、練習はさほどでもないが、本番に強いタイプは勝つためのイメージがあり、強気なマインドが備わっていて負けたら?とは考えないのが特徴です。
故に本番に強いタイプは強気で負けない粘り強さがあるため接戦に強く結果負けたとしても、成功体験を潜在意識に落とし込むことになるのです。
今挙げた両者がもし闘えば、実力が同じだとしても後者の成功体験を潜在意識に投下している人が圧倒的に有利です。

良いイメージが大きな力を産みやすいんですね。


ではどのようにして、イメージをすれば良いか…。
まずは実現可能であることが大事です。

例えば、億万長者になりたい!やハリウッドスターと結婚したい!等は可能かもしれませんが、現段階では難しいかもしれません。
物には順序があり、成果には段階があります。

いきなり大きな目標よりは身近な目標がより成功体験を得られるためお勧めです。
このイメージングもやはり、日頃からの積み重ねによるものです。
千里の道も一歩から。

大きな目標に向かって良いイメージを落とし込んでみては如何でしょうか?


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ