melpic

考える力をつけるコツ

社会人として働く上で必要菜力には様々ありますが、その中でも考える力、つまり「思考力」が大切です。

業務をこなしていく過程には「今の業務効率を改善する」「社内の問題点を解決する」「新しい仕組みを作る」など多くのことを考えて実行に移すことが要求されます。逸早く行動に移せるかどうかは事前の思考によって決まるのではないでしょうか。

私は「思考⇒行動」、つまり思考していることが言動に表れると考えているので、思考の量や質を上げればそれだけ高度に移せる量も質も変わってくると思います。

そこで取り組んだのは「フレームワーク」を使うということです。

有名なもので言えば「PDCAサイクル」「3C分析」などがありますが、フレームワークと呼ばれるものはもっとあります。

私はフレームワークをこのように考えています。まず、フレームワークとは情報を俯瞰的かつ短時間で効率よく整理できるものである。短時間で情報を整理するということは、考えるというフェーズにより早く入れることになる。また、物事を俯瞰するので全体的かつ部分的の両方を見ながら考えることが出来る上、シンプルに考えることも可能です。

私も、このフレームワークを使うことで今まで見えていなかったことまで考えることができて、考えるスピードも格段に上がりました。また、単に使うだけではなく、様々なフレームワークを組み合わせたり自分の仕事と関連付けて作り変えたりすることもおすすめです。そうすると、他の人の話を聞きながら頭の仲にあるフレームワークの中に情報を入れ込むことで即座に考えることもできるようになりました。

フレームワークのいいところは

・短時間で情報を整理できる
・シンプルに物事を考えることができる
・イメージ的なものなので記憶にも残りやすい(イメージ記憶)

フレームワークを使うことは難しいことではなく、それを知っているかどうかだけでも大きく変わります。様々なところでメリットがあると思うので是非試してみてください。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ