melpic

見通しを立てる手順

仕事を上司から頼まれた時に、今まで経験したことのないようなボリュームの業務だとつい、「こんなの無理だよ~」と思ってしまうことはありませんか。でも上司は、「お前なら出来る」と判断して業務を与えているはずです。ここはチャンスとばかりに喜んで受けてみるといいですね。

ただやみくもに業務を進めて無理が出ても困りますので、業務に入る前にある程度の見通しを立てた方がいいでしょう。まずはその業務にかかる時間です。上司はある程度経験したことのある業務を与えているはずです。その今までの経験から、どれくらい時間がかかるかを想定します。ボリュームから判断し時間を算出してみましょう。

次は人員です。その業務を一人でやるのか、または何人かで分けるのか、それとも一人で間に合わない時に誰かに手伝って貰うのか。それを上司に確認しておきます。それによって時間配分と納期が変わってくるからです。納期ありきの場合は、先に人員の確保が必要になります。誰かを当てにしても、その時に手伝って貰える余裕があるかどうかは分かりません。もし手伝って貰うのであれば、相手のスケジュールを確認して、事前にお願いしておきましょう。その方が相手にもいい印象を与えることが出来ます。

そして、そのボリュームのある業務を無事にこなすことが出来たら、今度は次のためのシミュレーションをしておいてもいいですね。時間配分、人員の確保、そして納期日前の納品。次に上司に頼まれた時はビビることなく、「分かりました!」と自信を持って受けることが出来るのではないでしょうか。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ