melpic

アルファ波とシータ波は睡眠による違いなだけ?

瞑想やイメージング、アファメーションなどを行う時に
アルファ波、シータ波という言葉が使われるのですが

これは一体どういうものか解説しますね。
まず、脳波には

・普段の状態、ベータ波(14〜30Hz)
・程よくリラックスした状態。アルファ波(8Hz〜13Hz)
・眠る前のうとうとした状態。シータ波(4〜7Hz)
・睡眠状態 デルタ波(0.5Hz~3Hz)

この4つがあり、瞑想している時は、アルファ波がよく出ている、リラックスをしている状態になるんですね。
このリラックスをしている状態というのは、逆に言えば日常における自分の意識や欲みたいなものが、鎮まっている状態のため
開放感もあったり、一つの事に集中しやすい状態でもあります。

そして、シータ波というのは、うとうとしているぐらい、眠りに入る直前のため
何か行動を起こそうとするのは、難しいです。
でも、寝る直前の出来事って、夢で再現する事があるように、頭に入りやすい特徴があるんですね。
そのため、記憶に定着しやすくなります。


アルファ波とシータ波の使い分け


そのため、よく日中にやる仕事などは、集中力のいる仕事にしてみて
アルファ波の出る環境音楽や、クラシックなどをかけて仕事をし、
夜寝る前には、目標の事や、覚えたい事を繰り返し見たりする。

こうする事で、アルファ波とシータ波をうまく組み合わせて、
自分自身の潜在意識をうまく活用していく事が出来ます。

ちなみに、私の場合はブログを書く時には
アルファ波が出るFocusというCDを聴いていますよ。

集中力が本当に高まるのでおすすめです!


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ