melpic

セルフイメージを変える書き換えの方法

セルフイメージを変える

まずセルフイメージとは、つまり、長年に渡り培われて来たその人のあたりまえだと思う概念(つまり、自分で描く「自分像」)であると定義します。
そのため、セルフイメージがあなたの人生を決めているといっても過言でもありません。 セミナーに参加してもたくさんの成功本を読んでも多くの人が成功できないのは、セルフイメージについて全く理解できていないからです。

セルフイメージとは?


セルフイメージとは、たぶん自己啓発に興味がないと聞いたこともないt思います。私もまったく知りませんでした。でも、人は誰でも潜在意識の中にセルフイメージを持っていて、必ずそのセルフイメージ通りの人生を生きています。

例えば、ご飯を食べる時、お箸やナイフ、フォークなどで、料理を口に運んで、その料理を噛んで飲み込みますよね。これらの動作って、あまり意識せずに、無意識で行っていますよね。

今から、ご飯を箸にはさんで、口に運んで、しっかり噛むぞ!って意識して食べる人は少ないと思います。体が自然と動きますよね。

人生というのも、実はそれと同じで、いつも幸せな人は自然と無意識のうちに幸せなものを選んで、進んでいくのです。そして、そういうタイプの人は「自分は幸せ」というセルフイメージをもっています。

セルフイメージからはなかなか外れられない


このセルフイメージというのは、なかなか外れることが出来ません。

わかりやすく言えば、天邪鬼な人っていますよね。人が「こうすれば上手くいくよ」とアドバイスをしても、「自分はこう思うから」と、言ってアドバイスを素直に聞き入れられない人。

自分がもっているセルフイメージから外れるようなことはしないので、チャンスを生かせなかったり、自ら放棄をします。なぜかというと、外れるようなことをすると、自分にとって不自然だからです。

もちろん天邪鬼ではなくても、人にセルフイメージはあります。

例えば、DVをうける女性は割りとダメな男性とばかり付き合ったりしますよね。周りがいくらいっても、気づけません。
なぜかというと、潜在意識(無意識)の方は「ちゃんとセルフイメージにはまっているから、いつもどおりで大丈夫なし!」と思ってしまうんです。

そのため、お金、ビジネス、恋愛、家庭、友人関係。 人生のどんな場合において、なかなかうまくいかない場合、自分の希望とは違うセルフイメージを持っているかもしれません。

自分では正しい事をしているつもりでも、希望と違うセルフイメージをもってしまっている場合は、セルフイメージを変える必要があります。

セルフイメージは強い


よく自己啓発では夢や目標を紙にかくってありますよね。でも、それを潜在意識にいれようとしても、なかなかうまくはいきません。それは、今までのセルフイメージが、「普通の人間」だからなんですね。

例えば、今まで無難に生きてきた人が、突然型破りな人になろうと思っても、そのセルフイメージはピンとこないですよね。セルフイメージと言うのは無意識のうちにずいぶん昔から、子どもの頃から持ち続けていたりします。そのため、自分がなりたい憧れるイメージとセルフイメージでは、セルフイメージが勝ってしまう事が多いのです。

目的意識がセルフイメージを変える


この強いセルフイメージを書き換えていくためには、新しいイメージへのチャレンジを少しずち取り組んでいく必要があります。そのためには、目的意識が大切です。

自分がどんな事を成し遂げたいのか、目的意識が明確であればあるほど自分に必要なものが何であるのかが分かってきます。必要な事が見えてくれば、あとは、それに集中して取り組むだけです。

自分を知る大切さ


セルフイメージを知る、という事はまずは自分を知るという事が大切です。最初は一人で自分の性格について書き出してみましょう。
思いつくことをどんどん書いていいです。明るい性格、でも人付き合いが苦手、綺麗好き、色々書いてみてください。自分自身を多角的に見るために、他人から言われた事なども書いてみるといいですね。

書けば書くほど、自分像がうかびあがってきます。
中には、書いていて「痛い自分」にも出会うと思います。例えば、「自分が悪くても謝ることが出来ない」とか「他人を認めることができない」とか。

痛いなって思う自分が出てきたら、このセルフイメージを変えていく事が、書き換えにつながりやすいです。その自分を見つけたときに、「今まで上手くかなかった原因はここにあったんだ」という気持ちが大切です。

書き換える


セルフイメージというのは、生まれてから、今までの人生の積み重ねで作られてきています。これを変えていくために効果的な方法があります。

それがアファメーションなんです。

アファメーションとは、言葉にして自分に言い聞かせる言葉、文です。言霊とかに近いです。アファメーションは、目的がハッキリ見えているときに有効です。

アファメーションでセルフイメージを書き換える


アファメーションというと、一般的には肯定的な言葉で自分に言い聞かせるものです。

例えば、「今日も私は幸せに満ち溢れいます。」というような。

でも、肯定的な事ばかりをアファメーションでいうと気持ちがついてこない場合があります。

例えば、「私は、今年中に年収1億円稼ぎます。」って唱えたとして、心のどこかで(無理でしょ。)って思う方が多いと思います。気持ちがついてこないアファメーションはいくら作っても意味がありません。

これを踏まえたうえで、セルフイメージをどう変えていくかというと、自分を知るために、自分の性格をたくさん書き出した紙がありますよね。

これで、変えたい性格を選んでみましょう。

アファメーションの作り方


例えば、

「他人を認めることができない」

このときに、自分自身に聞いてみて欲しいんです。

「他人を認めることが出来ない、というのは、本音はなに?」って

(他人を認めると、自分が負けたような気持ちになるから。自分が惨めに感じるから。)色々出てくると思います。

ここで、本音に気づくことが大切なんです。本音がわかったら、アファメーションを作ります。

「私は今まで他人を認めることが出来ませんでした。どうしても自分が負けたように感じてしまうんです。それが怖いのです。そうして、自分の身を守っている事がわかりました。ただ、これから先、気にならなくなるように、なっていきたいです。」

少し長いですが、今の自分を受け入れて、自分の本心に気づいて、希望を書く。こうすると、心の違和感がなくアファメーションを作ることができます。

こうしてアファメーションが出来たら、寝る前に唱えたり、読み返しておくといいですね。それが潜在意識に影響してインプットし直してくれますから。 回数を重ねていくと、いつか潜在意識が覚えてくれます。


無理だと思ってしまうのは体温があるから


セルフイメージが高いと、割と自分な好きな事で成功を収めます。セルフイメージが心地よく感じることと、自分が心地よく感じることが、一致した状態になるので、無意識にうまくいってしまうのです。実際世の中の経営者・成功者は自分セルフイメージが高いです。自分のセルフイメージが低い、そう思っても大丈夫です。コツコツ取り組むことで高めていくことが出来ます。

しかし、セルフイメージが低いといつも無理だ、出来ない、自分なんか、、、と下を向いてしまいがちです。いくらセルフイメージを上げようとしても、しばらくすると無理だってなってしまうのには理由があります。

セルフイメージは、体温と同じような役割があるからです。

体温というのは、高熱を出すと下げようとして大量に汗をかいたりしますよね。これをホメオスタシス(恒常性)というのですが
(理科の生物などで出てきたと思います。)、ホメオスタシスは常に体の機能を一定に保って維持しようとバランスをとってくれます。

セルフイメージも同様で、上げようとすると、逆に下げようとし、下げようとすれば上がろうとします。

例えば、「自分なんかダメだから、変わりたい。」そう思っている人が、「私はダメだ。」と何度も強く言い続けると、今度は心の中で「ダメってなんか納得がいかない!」という変化が生まれます。

また成功する人が、しっかりしている人が多いのは、セルフイメージが高いため、多少だらけたとしても、すぐに高いところに戻るんですね。

セルフイメージを上げる手順


セルフイメージを上げていくには、段階的にあげていく必要があります。大切な事は無理をしないということ。セルフイメージを急に上げようとすると、急に下げようという反動が必ずやってきます。

段階的セルフイメージの構築


そのため、私がおすすめしている上げ方は、まずは1日だけ頑張る。という事です。

セルフイメージを上げるためには、まず好きな事で目標を作ります。例えば、本がすきで、1年間で本を200冊読む!という目標があったとします。そうすると、2日に1冊以上ぐらいのペースで読む計算になりますよね。そこから逆算をすると、1日何時間読書に時間が必要かが大体見えてきます。仮に2時間だとします。

だったら、2時間だけ頑張ろうって自分に約束をするんですね。ポイントは、ハードルは低くていいです。これぐらいなら、無理なく達成できそうだなっていうぐらいでいいです。

1日目が終わったら、次の日も、2時間だけ頑張ってみる。これを自分に約束をして、積み重ねていきます。すると、2時間作るために、生活のリズムにも変化が生まれてくるはずです。

これをまず21日続けていきます。すると、10冊以上は読めていますよね。けっこういいペースです。

飽きてきたら外の力を使う


もしかしたら、飽きてくるかもしれません。その場合は、本を語れる仲間を探したり、もしくはブログなどで記録を残すというのもおすすめです。また本が読みたくなる時はどんな時か思い出して、その状況にいくのもいいですね。

適度に刺激を受ける工夫をこらしながら3ヶ月ほど続けてみてください。すると、いつの間にか読んだ本がどんどん貯まっていきます。好きな事をちゃんと続けていっている自分の姿を感じられます。

続けることが出来る、という成功体験を手に入れることが出来たら、次のステップです。

反対の事を行う


セルフイメージを高めるには、今までと反対のことを行っていきます。自分の好きな事で、続けることが出来たというのは、すごく大切な成功体験です。

今度は、この好きな事を、変えたいセルフイメージに置き換えていきます。

また例として、「他人を認めたくない」という自分を変えていくとしたら、

最初は前述のアファメーションを行っていきます。

「私は今まで他人を認めることが出来ませんでした。どうしても自分が負けたように感じてしまうんです。それが怖いのです。そうして、自分の身を守っている事がわかりました。ただ、これから先、気にならなくなるように、なっていきたいです。」

まずはアファメーションを毎日行っていく。寝る前に読み返したり、唱えたりするだけでかまいません。毎日行っていくと、他人に対しての怖いと思う気持ちに変化が生まれてきます。

アファメーションを変える


怖いとかどうでもいいなって変化が訪れるようになったり、他人を認められる人を見て憧れを持てるようになったら、アファメーションを変えます。

「私は今まで他人を認めることが出来ませんでした。どうしても自分が負けたように感じてしまうんです。それが怖かったのです。でも今は、気にならなくなり、心に余裕が生まれました。今度は他人を認められる自分になりたいです。その方法が知りたいです。」

と、こういう具合に、自分の本音を素直に書いてみてください。これを繰り返していくことによって、どんどんセルフイメージは上がっていきます。

行動を起こす


アファメーションを続けることが出来たら、あとは自分の気持ちにそって勇気を出して行動を起こしてみてください。実際の方法などの情報は、もう入ってきているはずです。

最後、行動を起こすことで、自分の心がとてもすがすがしい気持ちになります。これがセルフイメージが上がったって実感出来る瞬間です。




今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ