melpic

不安で仕方ない時の向き合い方と4つの対処方法

不安でしょうがない時…。誰にでもある様な経験ですが、それが度を越している様な方がよくいらっしゃいます。
不安はツキないものですよね。次から次へと出てきちゃうけど、その不安と向き合える自分になりたいのは誰もが望むところだと思うんです。

私も不安になりやすく、常に頭の中はネガティブで自分は、誰かから陰口を言われているのではないかと、被害妄想に等しい考えをしてしまう事が有ります。いつも不安から逃げてしまうという人のために、不安と向き合う方法、不安で仕方の無い時の対処法、実践して効果が有ったものを紹介したいと思います。

不安ととことん向き合ってみる


全員が全員、上手くいくわけではないと思うんですけど、やっぱり一つはとことん不安を突き詰めてみるのがいいんじゃないかなって思います。不安と漠然としているから余計に不安に感じるものらしいですよ。だから、まず何が不安なのかをはっきりさせることが大事だと思うんです。

不安の元を探す


将来が不安なら、将来のお金が心配なのか、一人だけですごさなければいけないのが心配なのか、少し掘り下げるだけでピンポイントで解決策を考えられますからね。その解決策を実行に移すことができれば、不安ときちんと向き合い、自分は出来ることをやっているって自信も生まれるんじゃないかなって感じです。


人に相談する、人と触れ合う


個人的には一番効果があった方法です。不安で仕方がない方は、人に簡単に相談する様な性格ではなく、自分の殻に閉じこもってしまう様な性格をしている方が多いと感じます。しかし、自分一人で解決出来る量は限界が有ります。その為、誰でも良いので誰かに相談してしまった方が良いと思います。

もし、親ともそんな話が出来ないという方がいれば、カウンセリングなどで話を聞いてもらっても良いかも知れません。とにかく、人に話を聞いてもらって自分はそんなに間違った事をしていないという事を自分に刷り込んでみて下さい。気持ちが楽になる筈です。

とにかく寝る


不安になってしまう方の特徴として、普段の睡眠時間が足りなくなり、仕事などのパフォーマンスが落ちている可能性が有ります。その為、とにかく寝てしまう事も一つの解決方法ではないでしょうか。寝る際にちょっとだけ落ち着く音楽を流したり、アロマを掛けてみたりする事も有効ですので是非ともお試し下さい。


身体を動かす



これも不安な方に共通して言える事ですが、一週間の間に汗を掻く様な事が少ないのではないでしょうか?たったの1日でもよいので、たっぷりと身体を動かして思いっきり汗を掻いてみた方が良いですね。身体を動かし、自律神経を活性化させる事で不安が消える可能性がありますよ。

掃除をする


それから、不安な時はその不安が環境に現れていたりもするんじゃないかなって思うんですよね。部屋が汚かったりして気分がネガティブになりがち。この落ち込みやすい環境を変えるには、やはり掃除がいいんじゃないかなって思います。

掃除をして綺麗な部屋にいるとくつろげるので、不安もいつのまにか小さくなることもしばしば。そこから落ち着いて考えてみれば、大したことじゃないって思える可能性も大なのでは、と。特に何が不安なのか分からなくて、不安を直視できない人には、デスク周りとかからでいいので環境の整理がオススメかなって思います。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ