melpic

光があれば影がありますよね。

光があれば影がある。
光があれば、影があります。光の多いところには、
強い影があるは、ゲーテの名言ですよね。

潜在意識を学んでいって、私自身、うまくいってるな、
と思った時に、影を感じるようになりました。

今日はその事をお伝えしますね。

潜在意識を上手く活用して、お金をえたい、恋愛を成就させたい、広義の上で幸せになりたい。
と思う方は、向上心の高く、そして繊細な心を持っておられる方が多いように思います。

ここがポイントとなるのですが、潜在意識を学んでいくと、偶然の一致というか、
いいタイミングに多々出会うようになります。

今まで、点と点だったものが、線に繋がるというように。線になった時引き寄せを実感出来ます。

こうやって、上手くいっている時ほど、逆に不安も強くなったり、
ネガティブなものに対して、より不快感を感じやすくなってしまうんですね。

繊細な心を持っておられるからこそ、影を強く感じてしまうのです。

影にとらわれないためには?


このネガティブが強くなる時、影にとらわれないようにするためには、
見ないがベストです。
逃げみたいですけどね(笑)

ある程度、まぁいっかーって、処理出来るようになるまでは
見ない、聞かない。情報の遮断が、手っ取り早い方法です。

これは、自分自身がとれる行動ですが、
厄介なのは、やっぱり他人の影ですね。

あなたがうまくいっている姿を見て、
憧れる人もいれば妬む人もやっぱり出て、
足を引っ張ろうとしてくる事もあるでしょう。

あなたが感情をコントロール出来ても、
他人の感情をコントロールする事は出来ないですよね。

足をひっぱられないようにするためには?


足を引っ張ってこようとするタイプとは、
関わらないようにしても
相手は勝手に執着心を持つ事もあります。

そこで私が心がけている事は、一つです。

相手を負かさない事。

というと、カッコいいセリフになってしまいますが(笑)

仮に、足を引っ張ってくるような相手と正面を向き合って、
問いつめたり、逆に相手を言い負かすような、論破をしていったとしても、

相手には、負の感情が残ります。

そして、自分自身が感情的になればなるほど、
相手は面白がりますよね。

逃げるが勝ちです。

そして、出来る事というのは、
悲しいな、という感情だけをアピールして相手の良心に訴えかけるぐらいなんです。

相手の衝突は避けて
そして、自分自身がどんどん結果を残していけば、
そのうち、相手は足を引っ張る気持ちを失っていきます。




今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ