melpic

思い込みを捨て、激しい性格を治す方法

思い込みを捨てないといけない場面に直面したことがありますか?

私が思うに、誰でも思い込んでいることというのはあるんではないでしょうか。自分の中では当たり前だと思っていることや、日常生活で無意識に行っていることに思い込みというのはたくさんあるんではないでしょうか。

人生良いことがあれば悪いことがあるもの。己の直感を信じてうまくいったこともあれば、逆にが辛いこと苦しいことがあり、それを打開してきた経験もあると思います。だからこぞ紆余曲折を経た人は、自分の頭の中に公式みたいなものがあって、様々な場面や局面に対応するコツみたいなものを持っていますよね。

その自分の中で無意識に常識として扱われている思い込みは本当に必要でしょうか。思い込みが悪いものだとは思いませんが、思い込みが障害になってしまうことはよくあります。

斬新さを求めるとき、可能性を広げたいとき、思い込みが邪魔なもののように感じたことはたくさんあります。思い込みが障害になっていた、と感じたことは確かに何度もありました。型破りなひらめきで成功したいと私は思っていました。

思い込みを捨てるためには?


頭を冷やせ、頭を柔らかくしろ、なんて聞いたことはありませんか?思い込みに振り回されて視野が狭まるのはもったいないですよね。思い込みを捨てるために、私は「絶対はない」ということを頭に叩き込んでいます。思い込みというのは自分の中の「絶対」に値するように思うからです。思い込んでいることが絶対ではないとわかれば簡単に思い込みを捨てることができるようになりました。

時間をかける


なるべく時間をかけて物事を考えるようにしています。

無意識に自分の思い込んでしまっている自分の常識で物事を判断してしまっているものです。わざと複雑化させたいわけではありませんが、私はなるべく決断を焦りたくはないと思っています。丁寧に時間をかけて物事と向き合うと自然と思い込み以外の考え方も思いつくようになります。

人から考え方を盗む


あとは、人から盗みましょう。一番の情報収集になりました。そういった考え方もあるんだ、と新しい考え方に取り入れてみたんです。まずは、否定しないことですね。「なるほど」と思ってそういった考え方に至るまでを考えてみませんか?自然と思い込む癖もなくなっていくかもしれません。

思い込みの激しさを治すには?


そんな時、経験上良かったなって思ったことは、「一回深呼吸すること」「自分の中に客観的に俯瞰できるもう一人の自分を持つこと」ですね。

深呼吸ってお金もかからないし簡単にできるけどその効果は案外大きくて、ゴチャゴチャ混乱している頭の中をリセットしてくれて、且つポジティブな思考に持っていってくれるといわれています。そして、思考と行動のあいだに、一旦ワンクッション入れれることも、自分を冷静にさせてくれるポイントにもなりますよね。

もう一人の自分を持つ


そして自分の中にもう一人の自分を持つことは、常に主観と客観の二つの軸から一つの判断をしていくことにつながるんですよね。一つの事象に対して、多角的に物事を見れると、判断が的確になったり大きくぶれることが減っていきます。

少し離れたところから物事を見ると全体像が把握できるけど、逆に思い込みが強い時ってそこからの距離感が近すぎて、対象の一部分しか見れていなかったりもします。

何かあったときは、深呼吸をして冷静になる時間を作ること、そして複眼というか主観的な自分と客観的なもう一人の自分の二人で考えていくと、強すぎる思い込みも軽減されるかもしれませんね。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ