melpic

罪の意識が消えない時に行う事

つい余計な一言を発してしまったり、人に厳しくあたったりして、罪悪感に浸ってしまうことが時々ありますよね。例え自分に悪気がなくても、相手の受け取り方しだいでは相手を傷つけてしまう形になる場合もあり、それによって罪の意識が芽生えることもあるでしょう。また、イライラしている時など、場合によっては、相手が困るようなことを故意に口に出してしまうこともあるかもしれません。人間なので、たまにはそんなことだってあるはずです。

ただ一つ思うのは、自分を責めるほど辛いことはないということです。気持ちが内向きになればなるほど、活力がなくなり、やがて何も手につかなくなる可能性があります。自分はダメな人間だと追い込んでしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも、罪の意識が消えないと感じたら、早めに対策を講じた方が良いですね。

もし自分に非があると思ったら、とにかく「謝る」というのが一番効果的な気がします。と言っても、謝るという行為をすることはなかなか簡単ではありませんよね。でも、一言「ごめん」や「悪かった」と伝えるだけで気持ちはだいぶ変わると思うのです。謝ってしまえば、相手側も「そんなこともういいよ、こっちも悪かった」と言えるほどの余裕が出てくるでしょうし、自分も謝ったことで心が落ち着きます。シンプルですが、結果的には謝ることがモヤモヤを晴らす一番の方法のように感じます。

それから、罪悪感を感じた時に、その気持ちをノートに書き出して整理するのも有効だと思います。「どういうことが、どんな状況で起きて、相手が何を言ったか、自分が何を発したか、それによってどう物事が展開されたか」を俯瞰してみることができるからです。これである程度、気持ちの整理ができるはずです。

ただ、罪の意識をなるべく早く消すためには、相手と直接対話をすることが一番だと思うのです。ノートに書くという行為は、自分の頭の中とのやり取りだけなので、罪悪感が消えないこともあるでしょう。理想的な流れは、ノートに書くことで一旦気持ちを整理し、それから一言謝るというのが良いと思います。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ