melpic

過剰な期待をしない方法

今は20代とか30代で部下を持つのも珍しくなくなりましたよね。後輩を持てば期待もしちゃうもの。ただ思う通りにはいかないことも多いはずです。ストレスにならないくらいの期待をかけるのが一番いいことのように思います。まず、相手には失礼になるから言えませんが、今部下になる子たちというのは、ゆとり世代まっただ中です。学力という面では最初のスタートラインからレベルが低いと思ったら過度な期待をする方が悪いと思えるのではないでしょうか。

もちろん、自分の中だけでおさめておくのはマストですけどね。それから、相手のやっていることはその人の役割なんだと理解するのが大事なのではないでしょうかね。それ以上はその人の役割でないと思えば、頼んだ仕事以外にあれこれやってほしいという欲望も減るのではないかなって思います。期待以上にやってもらうなんて奇跡に近いって思うのがオススメ方法の一つですかね。

もっとも大事なのは、自分でできることはしっかりやるのがいいんじゃないかな〜ってことですね。自分がやるべきことをやっていれば、他人にやってもらおうって気持ちはなくなるわけですから。過度な期待をしなくても、仕事が回っている環境を整えるのがいいんではないですかね。

そもそも、親しいからこそ過度な期待をしてしまうわけだから、なんとなく相手に期待したくなったら距離をとるのも手段としてはアリなのではないでしょうか。仕事上であれば、仲良くしすぎない方が変な期待をせずに済むのではないかなって思います。


今回の記事は面白かったですか?

記事はリンクフリーでブログなどで引用可能です。
面白かったら、URLとともに引用してもらえると嬉しいです。

潜在意識を楽しむ会 無料会員募集!

無料の動画で潜在意識をもっと楽しくわかりやすく学んでみませんか?詳しい内容はこちら
潜在意識を楽しむ会では、以下3つの特典を無料でプレゼントいたします。
1 見るだけで潜在意識がわかる動画(過去4980円で販売されていたもの)
2 心の仕組みがわかるメールマガジン
3 会員限定の潜在意識に関するニュースレター
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。
迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ